Japan Security Service

JSSセキュリティWEB

> TOP > 業務内容 > 遊技機の検査・点検

業務内容

遊技機の検査・点検

弊社検査員による主基板やサブ基板、配線等の不正が懸念される箇所の目視・触診検査はもちろんのこと、遊技台に不備(※)が無いかの点検も実施しております。

(※)・・・遊技機が検定を通過した(メーカー出荷段階の)状態と異なる状況(以下例参考)。

・ハンマーのゴムが欠損している
・配線のバンド(フック)が欠損している
・セレクタのカバーが欠損している
・ホッパーが正規のものではない(隣の台と入れ替わっているなど)

昨今遊技機の不備は、業界立入団体が行政に通報したり、行政の立入検査時に発覚したりして指示処分や最悪営業停止処分となることもありますので、弊社では細かい不備まで報告させていただいております。 検査終了後、その場で簡易的な検査結果報告書をお渡ししますが、後日、ゴト痕跡や遊技機の不備などをわかり易く写真で示したものをメールでお送りいたしております。

ゴト対策

弊社遊技機検査では、正常を確認した基板や配線に対して貴店で自主点検の際に確認しやすいよう特殊シール・インシュロック・特殊塗料の処置を施します。

特殊シール・インシュロックに関しては、弊社オリジナルのものを使用しております。

弊社では、ゴト対策として使用する「特殊シール」や「インシュロック」、「プラ板」などの素材について、道警から許可を得ており、それぞれの素材について照会番号を頂いております。

ゴト対策に使用する素材を使用して遊技機に変更を加えた場合は、軽微な変更として変更届での対応が可能です(変更届出書に照会番号を記入することで誓約書の提出は不要です)。

なお、弊社遊技機検査では、貴店作成のゴト対策部品やメーカーから提供されているゴト対策部品が取り付けられているかの有無も点検項目の一つとなっております。

ゴト講習

遊技機の検査にお伺いした際、その時々で発生しているゴト情報を、弊社検査員が終業ミーティング等のタイミングで、ホールスタッフに対してわかり易く手口や対策方法をお伝えしております。

検査時間

約300台の店舗様にて2~3時間程度となります(検査時間は新台導入台数や設置機種構成によって多少異なります)。

検査をおこなう時間帯に関しましては、事前に担当者と決めさせていただきます。

検査料金

弊社と貴店との契約は月一回の検査・台数契約ではなく、貴店のセキュリティパートナーとしてコンサルティング契約とさせていただきます。また、定期検査の際にはゴト被害の可能性が高い機種を重点的にチェックいたします。その他、貴店の状況に合わせてご契約プランを作成いたしますのでお気軽にご相談ください。

ご相談は、お問い合わせページよりお願いいたします。


業務内容

Copyright(c)2003 Japan Security Service. All Rights Reserved.

このホームページの全ての文章・画像の文責・著作権はJapan Security Serviceに帰属します。